プロ直伝コーヒーメーカーの選び方!サルでもわかるおいしいコーヒーのコツ

コーヒーメーカーのポイントをプロが伝授!コーヒーを美味しく作るコツを418ページにわたり紹介します
« 2017 . 09 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

上海のお水を比較してみると・・・

上海のお水比較 浄水器を通した水道水と通常の水道水


左:浄水器(シーガルフォー使用)を通したお水
右:普通の蛇口から出てきたお水




中国のお水のひどいのは臭い。


泥臭い、ドブ臭い、鉄っぽい、錆っぽい、藻っぽい、プラスチックを舐めたときのような、、さまざまな味がします。


上記の写真のものは、浄水器を通したお水と、普通の蛇口から出てきたお水。


普通の蛇口から出てきたお水(右)がここまで濁っているのは、北外灘店の建物が老房子(lao fang zi ラオファンズ)という古い建物だからかもしれません。
(水道管が古くなって錆が出やすくなっている問題など)


では水が濁っていなければいいかという問題でもなく、水が濁っていなくても、臭いがついているものは多々あります(中国で生活している方はわかるでしょうが。。)


例えば、北外灘店のトイレの手洗い場のお水、、ここのお水は多少色は黄ばんではいるものの、この写真ほど濁ってはいません。
(さっきたまたまうちに遊びにきた中国人に、きれいなお水と比較して濁っているのがわかるか聞いたところ、あんまりわからないと言っていた程度の色)


ただそのお水に鼻を近づけると、違和感のある臭いはわかります。
飲めば危険そう(日本人ならお腹を壊すかもしれない)な味であることははっきりわかります。


上海の飲食店などでは、浄水器は通しているものの、お水に違和感のある臭いがついてしまっているものも少なくありません。


フィルターの能力を超えて使用しているのかもしれませんが、それで出されるコーヒーやお茶はちょっと嫌ですね。。






現在北外灘店では、シーガルフォーの浄水器を使用しています。


そして、プラスアルファで竹炭とセラミックをヤカンのなかに入れています。


シーガルフォーの浄水器を通したお水でも十分においしいお水が出てきますが、竹炭とセラミックに一晩つけておいたお水のほうがさらに全体的なバランスはよくなります。







上海のお水が気になる方はこちら。竹炭の効果&使用方法⇒ http://www.alt-coffee.com/ac-sumi.html


上海の水は汚い。そう言われて来たが・・・⇒http://e-suretech.com/index.html


シーガルフォーとピュアレストワン⇒ 
http://e-suretech.com/kitchen1.html




スポンサーサイト
  1. お水
  2. | トラックバック:1
  3. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。