プロ直伝コーヒーメーカーの選び方!サルでもわかるおいしいコーヒーのコツ

コーヒーメーカーのポイントをプロが伝授!コーヒーを美味しく作るコツを418ページにわたり紹介します
« 2005 . 10 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

品質の良い生豆を求めてます!@上海

いいものが手に入るなら、お金に糸目はつけません!!



な~んて言えれば、カッコイイですよね~。。(笑)







頑張ってる店や、良い物を提供しようとする店が増えてきた今日この頃、、
自分としても頑張らねばと思いました。


いや、頑張ってるんだけどね、実際。

ただ、やはり課題である『目標の設定』をもっと明確にしなければいけません。

もっともっともっと、、、と考えると深みにはまってしまうので、まぁまぁ行動しながら見つめていこうと思います。






さー気合いを入れて頑張ろう



スポンサーサイト
  1. 未分類
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

感覚

最近、意識して人と会っているからでしょうか、、

自分の中で何かが入れ替わっていくような気がします。



・・・

・・・



いや、違います。。

10出て10入るという入れ替わりよりも、悪いのが8出て、良いのが12入ってくるような感じです。

そして入ってきた良いものがだんだん溜まって蓄積されているような感覚です。

「パワーがみなぎる」とでもいうのでしょうか。。



毎回今のようなリズムのときには、これに近い感覚はあるのですが、今回はより明確に実感できている気がします。

頭でどうのこうの考えて答えを導き出すよりも、体が先に何かを教えてくれているようです。

この声なき声に今はそっと耳をすまします。



それはきっと、何かを聴いて脳で受けるというよりも、サァーと風が体を吹き抜けて、体中にホワァーンと広がる感覚に近いのかもしれません。






  1. 未分類
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

コーヒーなんて簡単です(・・・パクってます)「己が最大の味方であり、また敵なのである」

って言ったら信じてもらえますか?



こんなことを言うと、、


「そりゃ、あんただからでしょっ!」


と、当たり前のように言われます。

それを生きながら実証してるのが、この人。
http://www.flavorcoffee.co.jp/



そりゃね、難しいこともありますよ。
突き詰めれば難しくなっていくものもありますよ。



ただね、これまで当たり前のように言われてきた『コーヒーは奥が深いだ』『コーヒーは職人の世界なんだ』的なことは、はっきり言いいますが、ウソですわ

神秘的で高貴かつ神がかり的もの、一般人は簡単に入り込んでそれについてどうのこうの口出してはいけないイメージ。
なんだかこんなイメージがコーヒーの世界には先行してませんか?

初老のいい雰囲気を持った方が言ってることには、口を出してはいけないイメージってありません?
疑問すら抱いてはいけないようなイメージってありません?
有無をも言わさず、頷くしかないような感じってありません?


これってどうなんでしょうかね。。
とっても面倒な世界です。


別にね、そんな方を100%否定しろとは言いませんよ。
間違っても、そんなオヤジ達と議論しろと言っているのではないんですよ。
例え言っていることが半分以上ずれていても、気持ちよさそうに喋ってはるな~、いい顔して喋ってはるな~と思ったとしても、、そんな方々は労ってあげねばいけません。



ただ、裏を返せば「コーヒーは奥が深いでしょ」「それをやってきた私はイコールすごいでしょ」と言っているだけで、日本的文化である職人が少し高貴な位置にいけるというところに満足しているだけのような気がして危ういように感じます。
それを聞いた方々が、素直に信じきっちゃうのも危ういし、それが当たり前で「なんて奥が深いんだ、コーヒー」「コーヒーのことをやっている人はちょっと違うぞ」「焙煎してるんですか?すごい!」みたいになってしまうのも危うい。

どこの業種でも同じかんじなのかもしれませんがね。。



とまぁ、サクサク書いてしまいましたが、つまりのところ、コーヒーは簡単だということですよ。

知る時には、ポイントさえ見つければ、誰でも簡単にできる。
逆に、ポイントを知らない、または、教えられないから、、「難しい」「奥が深い」という言葉に逃げてしまうわけで。。
これというのは、「逃げ」の何ものでもないような気がするんですよね。

最近は特に、自分で商売を始めて、それまで以上に真剣にこれについて見つめていると言うこともあると思いますが。


コーヒーなんて簡単なんです。

コツを知っているか知らないか・・・それに気付かせてくれた人はこの人です。
http://www.flavorcoffee.co.jp/
ちなみに、、なんでも教えてくれます。


HPやメールのやりとりだけでは分からない部分もありますが、お店に行ける人は行ってみよう!
『ブラックで飲むコーヒーと、ミルクを入れて飲むコーヒーの抽出技術の違い』、、これは泣けます。
http://www.flavorcoffee.co.jp/



で、その教えをどれだけ上海で実践できるのか挑戦しているのが、このお店。
http://alt-coffee.com/
やる気はありますが、最近、荒地を平地にする作業だけで息切れしてます。
気合いれましょ。








頑張ろう、私を含めたそれ以外の珈琲屋っ!

それと、最近の日本でも一時期より少しは治まってきたのかもしれませんが、、起業ブームや変なコンサルの口車に乗って思わず起業してしまった珈琲屋さんっ!
日本でいい豆使って焙煎してるなら、もっとうまい珈琲作ってくれっ!

自分なりにもっと努力しようっ!!


お客さんとの話で、ちょっと熱くなりました。。





この人も、やっぱすごいっス。
自分の中に毒を持て-あなたは”常識人間”を捨てられるか-

この本の32~33ページに書いてあることだが、、「道で仏に逢えば、仏を殺せ」という有名な言葉。
岡本太郎になると、その捉え方も危険なぐらい激しい。


「己が最大の味方であり、また敵なのである」   自分の中に毒を持て一文より







  1. 未分類
  2. | トラックバック:1
  3. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。