プロ直伝コーヒーメーカーの選び方!サルでもわかるおいしいコーヒーのコツ

コーヒーメーカーのポイントをプロが伝授!コーヒーを美味しく作るコツを418ページにわたり紹介します
« 2017 . 06 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

コーヒー知識レベルを診断する

今の自分のコーヒー知識をテストしてみませんか?YesとNoの数で、あなたのコーヒーの知識レベルがわかります^^


では、スタート!



Q1 抽出ごとにコーヒーをチェックしている。 Yes No
Q2 お店で販売されているコーヒーの飲み残しがほぼゼロである。 Yes No
Q3 お店にミルは置いてある。 Yes No
Q4 コーヒーの美味しさ期限は知っている。 Yes No
Q5 飲んで頂いているお客様から美味しいコーヒーの作りかたを聞かれたことがある。 Yes No
Q6 抽出する際にこだわっているものがある。 Yes No
Q7 コーヒーのカッピング経験がある。 Yes No
Q8 コーヒーに関して栽培から抽出された液体になるまでのプロセスを知っている。 Yes No
Q9 コーヒーチェリーを見たことがある。(画像、写真等も含む) Yes No
Q10 特定銘柄(ブルーマウンテン、キリマンジャロ、マンデリン等)だけでは高品質に属さないことは知っている。 Yes No
Q11 現在扱っているブレンドの配合の中身を原産国、原産地、農園名、農園主すべて把握している商品をお客様に提供している。 Yes No
Q12 コーヒーを抽出する直前に豆を挽いている。挽き溜めしていない。 Yes No
Q13 コーヒーには大きく分けて、アラビカ種とロブスタ種に分かれていることは知っている。 Yes No
Q14 認証コーヒー(フェアトレード、オーガニック、レインフォレストアライアンス等)だけでは高品質コーヒーに属さないことは知っている。 Yes No
Q15 抽出されたコーヒーの味、風味特性は60%~70%原料で決まることは知っている。 Yes No
Q16 コーヒーの国際コンペテションが各国実施されていることを知っている。 Yes No
Q17 焙煎度で、大きく分けて、浅煎り、中煎り、深煎りの3段階あることは知っている。 Yes No
Q18 一度抽出されたコーヒーに再度熱を加えることにより、味に関しての変化が生じることは知っている。 Yes No
Q19 お客様より豆の購入の依頼を受けたことがある。 Yes No
Q20 納得のいくコーヒーを毎日お客様に提供している。 Yes No
Q21 仕入先より焙煎日がいつのものか把握している。 Yes No
Q22 コーヒーは焙煎してから時間が経つにつれて鮮度は下がっていく事を知っている。 Yes No
Q23 コーヒーが収穫してから年数が経つにつれて鮮度が下がっていく事を知っている。 Yes No
Q24 現在仕入れている豆が、いつ収穫された豆か把握している。 Yes No
Q25 扱っているメニューに対する品質、鮮度には気を使っている。 Yes No
Q26 新たな情報には常に取り入れようとする努力はしている。 Yes No
Q27 店舗における明確なコンセプトが存在している。 Yes No
Q28 ホスピタリティ(サービス・気配り)が充実している。 Yes No
Q29 冷凍食品を扱うときはよく研究して使用している。 Yes No
Q30 お客様のニーズに応える柔軟な対応が出来ている。 Yes No
Q31 スタッフとの建設的なコミュニケーションが取れている。 Yes No
Q32 生産性の追及とサービスとのバランスが取れている。 Yes No
Q33 CS(顧客満足度)の追求を日々行っている。 Yes No
Q34 クレンリネスに関する意識は高い。 Yes No
Q35 オペレーションに関する教育の場がスタッフに提供できている。 Yes No
Q36 マーケティングリサーチ(市場調査)を定期的に行っている。 Yes No
Q37 全スタッフがやりがいを持って仕事に臨んでいる。スタッフの仕事に対する満足度は高い。 Yes No
Q38 取引先に対する信頼、信用だけで仕入れてはいない。求めている物をその仕入れ業者が持ち合わせているので、取引をしている。 Yes No
Q39 安心・安全の追求は怠っていない。




さて、いくつのYesがあったでしょうか??




Yesが30個以上の場合】
すでにあなたはコーヒーのプロ級です!
今のあなたに必要なのは実践のみ、コーヒー専門店や自家焙煎店のマスターに直接教えを乞うことがいいでしょう。




Yesが15~30個の場合】
普通の知識です。プロの中でいえば中途半端なプロです。
素人レベルのコーヒー知識で満足をするのか、もう一段上のプロを目指すなら一度しっかりとコーヒーを学んでみるのもいいかもしれません。







Yesが15個以上の場合】
コーヒー初心者です。コーヒーを学んでみたいなら、コーヒー講座に参加されてみるものいいでしょう。コーヒーの知識をしっかり学べる講座を選んで下さい。


スポンサーサイト

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. コーヒー診断
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。