プロ直伝コーヒーメーカーの選び方!サルでもわかるおいしいコーヒーのコツ

コーヒーメーカーのポイントをプロが伝授!コーヒーを美味しく作るコツを418ページにわたり紹介します
« 2018 . 04 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

調布・仙川に自家焙煎コーヒーの専門店-テークアウトも /東京

店名の「カホン」はスペイン語で「箱」や「引きだし」を意味し、店主の平村潤雨(じゅんう)さんが「コーヒーの引き出しのような店」をイメージして名付けた。店舗面積は約11坪で、併設するカフェはカウンターのみの全5席。

 同店では単一農場で作られた「スペシャルティコーヒー」のみを提供する。豆は、コスタリカ産「ラ・カンデリージャ農園」、グアテマラ産「レタナ農園」(以上共に200グラム=1,260円)のほか、タンザニア産「ルブーマAAA」(同=1,365円)、インドネシア産「スマトラタイガー」(同=1,470円)など、日替わりで常時約7種類を用意する。オリジナルブレンドは「若葉ブレンド」と「CafeCajonブレンド」(同=共に1,365円)の2種類があり、店頭商品は全てその場で試飲できる。

 カフェのメニューはコーヒー(450~500円)のみで、ハンドドリップによる抽出の他に空気の圧力を利用してスピーディーに抽出するエアロプレスも用意する。平村さんの出身地・愛知県にちなみ、コーヒーは常滑焼の器で提供し、愛知名物のビスケット菓子「しるこサンド」のサービス(店内のみ)があるのも同店の特徴。コーヒーはテークアウトもできる。

 平村さんは「仙川はカフェが多く、カフェ好きな方も多いのになぜかコーヒー豆の専門店がなかった。品質の高い『スペシャルティコーヒー』の豆は、飲むとコーヒーの価値が変わるぐらいの驚きがある。コーヒーのいれ方も思われているほど難しくないので、気軽にいろいろ試してほしい」と話す。

 営業時間は11時~19時30分。年内は無休で29日まで営業。来年から火曜定休。
スポンサーサイト

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

  1. コーヒーニュース
  2. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://hicafe1.blog31.fc2.com/tb.php/500-ad15d9f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。