プロ直伝コーヒーメーカーの選び方!サルでもわかるおいしいコーヒーのコツ

コーヒーメーカーのポイントをプロが伝授!コーヒーを美味しく作るコツを418ページにわたり紹介します
« 2018 . 07 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

雪印メグミルク、1970年当時のノスタルジックな味わいの「雪印コーヒー復刻版」を期間限定で発売

雪印メグミルクは、「雪印コーヒー復刻版」(500ml)を2012年1月10日から期間限定で発売する。

 雪印コーヒーが発売50年目を迎えるにあたり、乳飲料市場での喚起を目的に同商品を発売するという。「雪印コーヒー」の歴史は、1963年(昭和38年)三角テトラパックの形態で「雪印コーヒー牛乳」として発売したところから始まる。1970年(昭和45年)には500ml紙パックタイプの「雪印ラクトコーヒー500ml」を関西で発売し、翌年以後、発売エリアを東海、関東と広め、1974年(昭和49年)には、全国にエリアを拡大していった。「雪印コーヒー」はロングセラー商品として消費者に支持されており、2012年に発売50年目を迎えるという。

 「雪印コーヒー復刻版」は、1970年当時に発売した500ml 紙パックタイプの風味を再現した乳飲料となっている。長年にわたり支持されている「雪印コーヒー」の特徴であるすっきりとしたコクのある「甘さ」を作りだす原材料に「砂糖」を使用することで、発売当時のしっかりとした甘さの懐かしい風味を楽しめるとのこと。

 パッケージには、1970年当時のデザイン基調を再現した、レトロ感のあるパッケージにしたという。
スポンサーサイト

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

  1. コーヒーニュース
  2. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://hicafe1.blog31.fc2.com/tb.php/504-41224f4d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。