プロ直伝コーヒーメーカーの選び方!サルでもわかるおいしいコーヒーのコツ

コーヒーメーカーのポイントをプロが伝授!コーヒーを美味しく作るコツを418ページにわたり紹介します
« 2018 . 07 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

コーヒーマシン「ネスカフェ ドルチェ グスト」専用カプセルは酸化を防ぐ効果



ネスレ日本は、インスタントのカプチーノやココア、抹茶ラテなどが作れるコーヒーマシン「ネスカフェ ドルチェ グスト」シリーズ2機種を3月1日より発売する。同社の通販限定モデルとなる「ジェニオ(Genio) MD9747」の直販価格は13,800円。家電量販店などで販売するモデル「ジェニオプレミアム MD9747」の希望小売価格は14,800円。

 レギュラーコーヒーのほか、カプチーノ/カフェラテ/エスプレッソ/などが作れるコーヒーマシン。専用カプセルをセットして、抽出レバーをスライドすると、飲料を抽出する。専用カプセルは酸化を防ぐ効果があり、淹れたての味と香りがいつでも楽しめるという。



専用カプセルをセットして、抽出レバーをスライドさせると、飲料を抽出できる
 新製品では、シリーズで初めて、自動で抽出が止まる「オートストップ機能」を搭載した点が特徴。飲み物に合わせて最適なタイミングで抽出をストップするため、レギュラーコーヒーからカプチーノ、ココア、抹茶ラテまで、プロが淹れるような美味しさが味わえるとしている。

 ポンプ圧力は、“本格カフェ並み”の最大15気圧で、きめ細やかなクレマ(泡)が立てられるという。同社では、「滑らかな口あたりのクレマこそが、美味しいコーヒーの証」としている。

 カラーは、ジェニオがレッド、ジェニオプレミアムがワインレッドとピアノブラックを用意した。ジェニオプレミアムでは、ボディからハンドル部まで、曲線を活かしたデザインとしている。


ジェニオプレミアム ワインレッド ピアノブラック
 本体サイズは164×231×299mm(幅×奥行き×高さ)。本体重量は2.5kg。タンク容量は650ml。消費電力は1,500W。待機時の消費電力は0.4W。

スポンサーサイト

テーマ:ネットショップ・通販 - ジャンル:趣味・実用

  1. コーヒーメーカー
  2. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://hicafe1.blog31.fc2.com/tb.php/525-d615bbab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。